写真撮っとく?

elbo15.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 20日

成田の運用変更はどうなる?

今日から成田空港で同時離着陸方式が始まります。
簡単に言うと隣の滑走路の飛行機とは関係なくあんたんとこの前後だけセパレーションするよ。
ってことでしょうか。

どのように変わるかを飛行機ブログらしく(そうだったのか?)書いてみましょう。
前もってわかっているんだから当日じゃなく早くやれよって話もある。

まず、撮影をする側で大きく変わったのが周波数、今までTokyo Radarだった120.6, 125.525, 125.8MHzですが125.8MHzはTokyo Approachに、120.6, 125.525MHzがTokyo Departureに変更されました。

チャート上の変更ですが、SIDがMANGO-RNAV、GIRAF-RNAV、INUBO、TRANSITIONの廃止、CUPID-RNAVの新設がありました。
STARは変更が無く、IAPは34LがILS Y,Zの廃止でILSの新設、34Rは変更なし、16Rと16LがILS or LOCの廃止でILS Z, ILS Y or LOCの新設となっているようです。

さて、どのようになったかというと・・・
SIDのRNAVはいままで34Lで上がった機体はASIMOポイントを超えて霞ヶ浦の手前で右ターンした後は34Rを離陸した機体と同じくSOHSA(匝瑳)ポイントに向かっていましたが、ASIMOより先のARIESポイントまで進んで阿見から霞ヶ浦上空を越え北浦をかすめるようにして南に下がっていきます。
NAAのページにある北風運用の赤線ですね。

撮影するのに影響ありそうな16L,Rの着陸については次の機会に書きましょうかね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
[PR]

by mucchi113 | 2011-10-20 11:30 | 雑記


<< サンディスクのエキストリームプ...      久米島長期出張中でございます。 >>